脂肪燃焼対策を考えたレシピの例 夕食のレシピの良い例

beeeeef28
昼食は脂肪燃焼がされやすい時間帯に摂取することが前提であるため、特に脂肪燃焼対策のことを深く考える必要はそこまでありません。

しかし、夕食について考える際、昼食と同じような考え方で脂肪燃焼対策に臨むのは、決して賢いとは言えません。夕食の場合は、また別の視点から脂肪燃焼対策について考えていかないといけないのです。

ここでは、脂肪燃焼対策に通じる夕食のレシピには、一体どんなレシピが挙げられるでしょうか。

この際に頭に入れておかないといけないことがあります。それは何かと言えば、夕食の時間においては、体内はどんな仕組みになるかということです。この時間帯は昼間とは違い、体内に脂肪を蓄積するようになります。

つまり、カロリーが消費されるのではなく、摂取したカロリーがそのまま体内に貯まるようになるのです。そうなると、いかにして無駄な脂肪を蓄積しないようにするか考えていく必要があります。夕飯については、肉もしくは魚といったおかず、野菜類、そしてスープ類と取れば問題ありません。もしこれで足りないようであれば、お米を少し取っても良いでしょう。

しかし、お米には炭水化物が多く含まれているので、過剰に摂取するのは避けた方が良いでしょう。せっかくの対策が、過剰な炭水化物の摂取によって台無しになってしまうのは、どう考えても良いことではないのです。だからこそ、一日の食事の中では、夕食のメニューについて最も気をつけた方が良いという結果になるのです。

赤身のお肉にはカルニチンが多く含まれていて脂肪燃焼にも役立ってくれますし、たんぱく質が豊富なのも見逃せませんね。脂肪分の少ない部分を選んで週に2~3回程度は食べていきたいものです。

下半身デブ対策 メリロートって効果ある?

mre15604163下半身デブっていうのは家系、遺伝というのもあるんでしょうけど、生活上の癖とか運動なんかも関係してくるものですよね。

下半身太りの場合は足がむくみやすいということがあるようで、特に太ってくると余計に負担がかかってむくみもひどくなるという悪循環に陥りやすいとか。

デブがデブになりやすくなるとか、このシステムは本当にひどいです。。。と思ってしまいます。

今も椅子に座って記事を書いていますが、椅子が合わないのかむくみで足が痛いので、椅子のうえでかっこうが悪いのですが、胡坐をかいています。じゃないと、激痛になってしまうんですよね。

DHCとかのサプリでむくみ対策にメリロートという成分のものがあります。最近話題のきゅきゅっと小町というサプリにも入っていました。(飲んでません。見ただけでw)

で、思ったのですが、昔、メリロートを飲んだことがあるのですが、私は飲んですぐに胸のふくふく感がありました。たぶん、体質に合ってなかったんでしょう。

でも、よく考えるとセントジョーンズワートというサプリも飲んでたかも?不眠が続いていたのでこれは飲んでみたんですが・・・。

昔のことで2種類飲んでいたのか、わからなくなってきましたが、とにかくメリロートはやめようと思ったのを覚えています。じゃあ、むくみはどうすればいいのか?ですが・・・。

結局は足にたまった血液や水分を筋肉が弱っていて、重力に逆らって上に上げることができないということですから、筋力アップでも効果が出そうに思います。

そういえば、心臓の機能が悪くでも足のむくみが出るんですよね。もしかしたら、太りすぎてダメージが出たのかも。なんて心配になってきました。

座っていて、圧迫されていた部分はスネなのに2cmくらいへこむんですよね。若い時はむくんだ!足が痛いといってもへこみが直らないってことはなかったんですが。

もしかして、早急に痩せないと本当にやばい感じになってきたんではないでしょうか。なんといっても、私、この1年で20キロ太ってしまったんですからやはりこれはやばいですよね(。-_-。)

夕食は早めに食べる簡単ダイエット

ooo135616503会社の他部署の男性が、この頃急にスリムになったので気になっています。ビール腹、ぽっちゃり、といったイメージだったのですが、シュッと締まったような印象で、ぼーっとしていると、違う人かと思ってしまう位です。

聞いた話によると、その男性は「夕食を早めに食べる」ダイエットでかなり効果が現れたのだそうです。夕飯を夕方6時頃摂り、その後は寝るまで食べないというシンプルな方法です。

その他は、厳しい筋トレやジョギング、ジム通いなどをした訳ではないのだそうですが、きっと、その男性とこのダイエット方法は相性が良かったのでしょう。確かに、ダイエットしている・していないにかかわらず、夕食は就寝4時間前には済ませる事が、安眠や健康の鍵と言われていますね。

胃が食物を消化するのには約4時間程度かかります。寝る時に胃の中にまだ食物が残っていると、表向きは体は横になって眠っていても、胃は働き続けなければならず、ゆっくり休めていない状態になります。内臓の疲れは、新陳代謝を低下させ、血流が滞り、痩せにくくなってしまうという訳です。世の中にはダイエット用のサプリメントやジムメニューがたくさんありますが、このような話を聞くと、規則正しい生活がダイエットには一番効くような気がします。

お茶ダイエットはむくみが取れていい感じに痩せられた!

ooo35707534私が大学生の時に成功したダイエットについて書きます。当時、私は身長160㎝で体重60㎏とポッチャリ体型でした。痩せたいとは思っていたものの、運動はあまり得意ではなく何から始めたら良いか分からない。

食事制限も試みましたが、お腹が空いたのを我慢すると後で反動が来て余計食べ過ぎてしまい逆効果でした。そんなときに雑誌のダイエット特集で「これなら出来るかも」と思う方法を見かけました。それはお茶ダイエット。どういうものかというと、一日を通してとにかくお茶を飲みまくるんです。雑誌では一日1.5~2リットルだったと思います。

それ以外は普段通りに食べていても良いとのこと。食べるのが大好きな私にはピッタリだと思い、すぐに始める事にしました。必要な道具はお茶だけなので手軽にチャレンジできるのが良かったです。お茶の種類は、緑茶などカフェインが入っていて利尿効果が高いものが良いとのこと。沢山飲む事を思って、割りと薄めにしてみました。

口さみしいな…と感じたらとりあえずコップ一杯のお茶を飲む、という調子で始めてみると、普段なら間食に手がのびる場面でもお茶だけで満足できてしまいびっくりしました。今までは、ただ癖で間食していただけなんだなぁと反省しました。一週間ほどこのようなやり方でお茶を飲み続けると、体重が1.5㎏ほどストンと落ちました。友人からも「スッキリした」と言われ、嬉しくて更に続けることに。その後だいたい半年ほどお茶を飲みまくる生活を続け、最終的に体重は52㎏まで落ちました。

普段の食生活にお茶を足すだけとは言え、お茶を飲むと満腹感も得られるので自然と余分な食事の量が減っていき、減量にも繋がったのだと思います。ただお茶の利尿効果が高い分、トイレの回数が倍増して面倒ではありました。さすがに外出時は困るので、お茶をよく飲むのは家にいる時だけにしておきました。でも利尿効果のおかげか、顔のむくみも取れて満足でした。その後はお茶を飲む量は徐々に減っていきましたが、特にリバウンドもありませんでした。今でも甘いものが食べたい時などは、お茶で上手にまぎらわせるようにしています。

初のダイエットも、何やかややれば何とかなった話

近所のコンビニで勤めている頃、そのコンビニでついででウイスキー、焼酎、缶ビールをよく買っていました。夜11時前に帰宅してきて、夜食とともに酒を飲むのが、当時としては常でした。いい加減飲むと、レンタルのDVDを観るのも常。

気が付けば、88kgまで太っていたのです。何とかしないと、仕事するにも体が重くて自由に動けないし、健康にもよくない。ましてや、祖父が飲みすぎて脳梗塞になり亡くなったので余計、危惧しました。そこで、手っ取り早く、アルコール濃度の低いものを飲むように仕向け、もともと好きだった水泳をまた始めました。

私も一度やりだしたら相当、好きなのでしょう。だんだん気分がハイになってきて、気が付くと、2時間は温水プールで泳ぎまくっていました。ですから、ダイエットというより、気分がハイになるのが楽しくて、頻繁に温水プールに通ったのです。

そして、水泳の効果は出始めました。酒はいつしか、飲んでも飲まなくてもどっちでもいい風になりました。頭が冴えて、仕事、生活にもメリハリを感じるようになりました。実はダイエットって、そのときしかやったことがないんです。私は大の肉嫌いのせいか、太って出腹になったことはありませんでした。現在でも案外、肉は口にしません。とはいってもあれ以来、缶ビールとチューハイだけにしています。できるだけ就寝も早めにして、何かと動くよう心がけています。肝心の水泳の方は、これが、最近、すっかりご無沙汰になってしまっています。

置き換えダイエットと挫折

私が20代半ばの頃によくテレビCMでタレントさんが「食事をドリンクに置き換えて、これだけ痩せました」と放送されていました。調べてみるとかなり高額でしたが、ホームページなどで見ると医学的にも証明されているような感じで、栄養バランスも良いジュースなので、費用はかかるけれども、それだけ目に見えて効果があるなら良いかもしれないと思い始めました。

早速一ヶ月分として購入して、2万円近くを支払いました。CMでは満腹作用があるジュースなので空腹感を感じずに無理なくダイエットできると書いてありましたが、色々な栄養が含まれているからかとても飲みにくい味のジュースでしたし、空腹感は感じました。

私は朝と夜にジュースに置き換えて、昼食は職場で普通に食べるというスタイルでやっていましたが、結果として長続きしませんでした。ジュースだけでと思ってもやはり空腹感が強くて食べてしまいますし、その味もおいしくないので飲みたいとも思えませんでした。

そういったやり方だったのが原因なのか、私の場合は効果がなく、1ヶ月飲み終わるまではやってみましたが、体重の変動も大きくはありませんでした。ほぼ変わらずでしたし、何よりも悔しいなと思ったのはお金がかかるダイエットだったので、ダイエットドリンクのために出費した金額を考えた時でした。効果があまり感じられないのであれば、他のことにお金を使ったら良かった、失敗したなと思いましたし、そう簡単にうまくいく方法はないことを感じました。